この度は、熊本大学紫熊祭公式ホームぺージをご覧いただき、誠にありがとうございます。“紫熊祭”は熊本大学黒髪キャンパスの大学祭です。毎年、熊本大学の開校記念日に合わせた11月初旬に3日間、熊本大学黒髪北キャンパスで開催されております。以前、熊本大学の大学祭は“熊粋祭”という名で開催しておりましたが、7年前に実行委員の減少により熊粋祭実行委員会が解散してしまいました。しかし、「大学祭のない大学は寂しい」という当時の学生たちの声があがり、熊本大学の更なる発展を目指し、紫熊祭実行委員会が誕生しました。昨年度の第七回紫熊祭では、3万2千人という九州最大級の来場者数を達成しました。またLIVEでは、SILENT SIRENさんをお招きし大盛況となりました。その他にも紫熊祭は100の参加団体、60店舗以上のテント出店も誇っています。みなさまのご愛好のおかげで、今年も”第八回紫熊祭”を開催することが決定いたしました。今年度も紫熊祭実行委員会を宜しくお願い致します。

紫熊祭きてね!

しぐまくんは、熊本大学の大学祭である"紫熊祭"を多くの人に知ってもらうために誕生した紫熊祭の熊の妖精です。 明るく活発で、みんなから愛されているおっちょこちょいなしぐまくん。 ここでは、そんなしぐまくんをみなさんにご紹介します。

名前:しぐまくん
誕生日:2012年11月2日(第一回紫熊祭開催日)
年齢:?歳
特技:「数列の和」を求めること
趣味:紫熊祭の素晴らしさを多くの人に広めること

「CRE8」に込めた想い

今年のテーマは「CRE8」です。Createには「新しいものを創造する」という意味があります。そして、今年で紫熊祭は第八回を迎えます。 これまでの積み重ねを大切にしつつ、熊本大学にしかできない新しいものを創造することにより、企画者様、来場者様、地域の方々、全ての人の笑顔を創造できるようにという想いと、『CRE8』の8を第八回と∞にかけることで、第八回紫熊祭が無事に成功しそれが無限に続くようにという二つの想いを込めています。

三日間、変わり続ける紫熊祭

より紫熊祭を楽しんでいただくために、三日間それぞれに「装飾テーマ」を設け、テーマに合わせた装飾を大学敷地内に施します。本祭期間中は会場の装飾だけでなく実行委員が中心となり、各日のテーマにあった仮装をして本祭を盛り上げます。ご来場の際は、ぜひ会場の変化にも目を向けてみてください。

一日目は令和という時代が始まり、新しい歴史を創造できるようにとの思いを込めました。 また、熊本大学の歴史にも多くの方に触れていただけたらと思っております。

今年は熊本県でさまざまな世界規模のスポーツイベントが開催され、世界各国から注目が集まりました。 このように、世界中の方が楽しめる紫熊祭を創造できるようにとの願いを込めております。

今まで多くの方々の愛を受けて紫熊祭が続き、今年も開催できることに感謝をこめてこのテーマにしました。 たくさんの愛があふれる第八回紫熊祭をお楽しみください。